遠くかすんでしまった坂を
登りなおすきっかけがほしいんだ
いつかは登れた道
感じる距離を誰かのせいにしている
昨日よりよごれて
みじめな自分がいる

ひきずる足には踏みつけた野バラ
黒くよごれては赤く傷つける
ケモノ道には素足のままが似合う

近く感じることができず
後戻りのいいわけ探してる
ひきかえせるはずない
目印たちは残らず消してきたから
過去に見た幻 優しい夢だったんだ

トゲが刺さって泣く 哀れなふりして
痛がる心は
嘘と 偽善 夢と すべて同じこと
闇にまぎれてく 開かない出口
つくった迷路に光なんか見えない

必ず行くよ 待っていてくれないか
おなじ道歩いた君
どんなものでも踏みつけていけるよ
君想う 僕のすべて
いつかが遠いね

報われない恋
僕には似合いの終わりが待っている
嘘を嫌う君がまぶしすぎたんだ
出口が違ってもおなじ道を行く
こんなしあわせ君も知らないだろう?

報われなくて遠いままでもいい
追いかけて 届かないで
しあわせなんてのぞんじゃいないから
僕のこと嫌ってほしい
必ず行くよと嘘つく
嘘にしたくない
そんな僕の事 知らないふりして

Tooku kasunde shimatta saka wo
noborinaosu kikkake ga hoshii n da
Itsu ka wa noboreta michi

Kanjiru kyori wo dare ka no sei ni shite iru
Kinou yori yogorete
mijime na jibun ga iru

Hikizuru ashi ni wa fumitsuketa noBARA
Kuroku yogorete wa akaku kizutsukeru
KEMONOmichi ni wa suashi no mama ga niau

Chikaku kanjiru koto ga dekizu
atomodori no iiwake sagashiteru
Hikikaeseru hazu nai

Mejirushi-tachi wa nokorazu keshite kita kara
Kako ni mita maboroshi yasashii yume datta n da

TOGE ga sasatte naku
Aware na furi shite itagaru kokoro wa
uso to gizen yume to subete onaji koto
Yami ni magireteku hirakanai deguchi
Tsukutta meiro ni hikari nanka mienai

Kanarazu iku yo matte ite kurenai ka
Onaji michi aruita kimi
Donna mono demo fumitsukete ikeru yo
Kimi omou boku no subete
Itsu ka ga tooi ne

Mukuwarenai koi boku ni wa niai no
Owari ga matte iru uso wo kirau kimi ga mabushisugita n da
Deguchi ga chigatte mo onaji michi wo yuku
Konna shiawase kimi mo shiranai darou?

Mukuwarenakute tooi mama demo ii
Oikakete todokanai de
Shiawase nante nozonja inai kara
boku no koto kiratte hoshii
Kanarazu iku yo to usotsuku
Uso ni shitakunai
Sonna boku no koto shiranai furi shite

<poem>

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.