やわらかい煙を
肺の奥まで吸い込む
通りすぎ戻らない
夜がこわいと君はいう
口閉ざし おしえない
夜明け前ほど暗いから
くだらない陽の出も
遠くにはないのだろう

うしろぐらい助け借りても
減らせない傷がある

抱きしめても
強く抱くほど軋んで
ひび割れていく
未来流し込んで
すれ違いを気づかないでいてくれる
それともわざと見ないフリなのか?

からめとる移り気
暴ききれない秘密と
花ひらく後悔
軽くかけた誘いでは
落ちてくるたやすさ
もち合わせていない君
さりげないやりとり
記憶に残るまなざし

血の香り 薔薇に変えても
ごまかせない切り傷

満たされない
届かないと知っている
身体の奥
隙間をうめてくれ
行きずりの人
たりないものを求めて
行き着く先
閉じ込めてしまいたい
すれ違いを気づかないでいてくれる
それともわざと見ないフリなのか?

Yawarakai kemuri wo
hai no oku made suikomu
Toorisugi modoranai
yoru ga kowai to kimi wa iu
Kuchi tozashi oshienai
Yoake mae hodo kurai kara
kudaranai hi no de mo
tooku ni wa nai no darou

Ushiro gurai tasuke karite mo
herasenai kizu ga aru

Dakishimete mo
tsuyoku daku hodo kishinde
Hibiwareteku
Mirai nagashikonde
Surechigai wo kidzukanai de ite kureru
Sore tomo waza to minai FURI na no ka?

Karametoru utsurigi
Abakikirenai himitsu to
hana hiraku koukai
Karuku kaketa sasoi de wa
ochite kuru tayasusa
Mochiawasete inai kimi
Sarigenai yaritori
Kioku ni nokoru manazashi

Chi no kaori bara ni kaete mo
gomakasenai kirikizu

Mitasarenai
Todokanai to shitte iru
Karada no oku
sukima wo umete kure
Yukizuri no hito
tarinai mono wo motomete
Ikitsuku saki
tojikomete shimaitai
Surechigai wo kidzukanai de ite kureru
Sore tomo waza to minai FURI na no ka?

<poem>

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.