あなたに似合う花
少しも汚れることのない花
ここにしか咲いていない花を
贈りたいと願っている

いちりんだけ
時間に刻まれ
散ってしまわないつよい花を

ひとつしかないものだから
花束にはしてあげられない
たくさんあげることはできないけど
ひとりしかいないあなたに贈る

手と手が触れて合わさるとき
あなたの顔がほころぶ
私にココロの種を与えた
あなた以上の花を知らない

芽吹きを待つ
ひと待ち顔さえ
桜色に色づいて見える

あなたへ
花を植えつけたい
ひとつのココロ ひとつの身体へ
水をやり土に触れて汚れても
愛しく想う気持ちがほしい

ひらり
舞い散る花びらを
かき集めて押し花にしよう
静かにキモチおしつぶしていく
枯れない花で時間をうめて

Anata ni niau hana
Sukoshi mo yogoreru koto no nai hana
Koko ni shika saite inai hana wo
okuritai to negatte iru

Ichirin dake
jikan ni kizamare
chitte shimawanai tsuyoi hana wo

Hitotsu shika nai mono dakara
hanataba ni wa shite agerarenai
Takusan ageru koto wa dekinai kedo
hitori shika inai anata ni okuru

Te to te ga furete awasaru toki
anata no kao ga hokorobu
Watashi ni KOKORO no tane wo ataeta
anata ijou no hana wo shiranai

Mebuki wo matsu
hitomachigao sae
sakura iro ni irodzuite mieru

Anata e
hana wo uetsuketai
Hitotsu no KOKORO hitotsu no karada e
mizu wo yari, tsuchi ni furete yogorete mo
itooshiku omou kimochi ga hoshii

Hirari
maichiru hanabira wo
kakiatsumete oshibana ni shiyou
Shizuka ni KIMOCHI oshitsubushite yuku
Karenai hana de jikan wo umete

<poem>

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.